6月16日は和菓子の日です

来歴

6月16日を「和菓子の日」に、全国和菓子協会が定めています。

その来歴を調べました。

平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延しました。
仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、病気がなくなり、健康で幸せに暮らせるように祈ったという由来があります。

「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」であり、鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮となられる前に、6月16日に通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、皇位継承の後もこのことが続けられました。

その後、室町時代の『嘉祥の日』には、朝廷で主上に「かづう」(女房言葉・かつう、かずうともいう=「嘉祥の祝」の菓子のこと)を差し上げるのが吉例であったことが『御湯殿上日記』に記載されています。

また、慶長の頃、豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例として行っていたことが『武徳編年集成・四十四』に記載されています。

江戸幕府においては、この日、大名、旗本など御目見得以上の諸士に大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」といい、菓子は白木の片木の上に青杉の葉を敷いてその上に積んであり、一人一個ずつ取らせたといわれます。
民間においても、「嘉祥喰」といって銭十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりがありました。

また、この夜に十六歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする)をする「嘉祥縫」という風習があったほか、6月16日に採った梅の実でつくった梅干しを旅立ちの日に食べると災難をのがれるという言い伝えがあり、「嘉祥の梅」といいました。

このように、「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。

この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

この習慣の復活を願って、また、美しい日本の四季と歴史の中で育まれてきた「和菓子」の素晴しさを楽しみ、後世に伝え残していこうという趣旨で、昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が定めました。

和菓子の消費に関する統計

和菓子に関する統計を調べたら、次のものが見つかりました。

総務省の統計局が実施している家計調査では和菓子は「ようかん」と「まんじゅう」と「他の和生菓子」に分けて集計しています。

下の表は、それぞれの年間支出金額が多い県庁所在市と少ない県庁所在市です。

和菓子の1世帯当たり年間支出金額
順位ようかんまんじゅう他の和生菓子
1位福井市1,398鹿児島市2,670金沢市16,603
2位佐賀市1,355鳥取市2,621岐阜市13,718
3位千葉市1,201高松市2,490山形市13,309
・・・・・・・・・・・・・・
50位広島市426盛岡市668宮崎市6,927
51位和歌山市366那覇市665長崎市6,843
52位那覇市136青森市544那覇市4,866
全国747全国1,321全国9,302

引用元: なるほど統計学園

菓子の消費支出は、都市によって大きく異なることが実感できました。

おわりに

新型コロナが怖い日々が続いています。

平安時代の故事に倣って、神前に和菓子をお供えして見ようかと、「和菓子の日」にふと思いつきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました